« 「追っかけ」の人々 | トップページ | 心が豊かになるには。 »

2012年4月 2日 (月)

お金があれば必ず幸せになれるか?

Photo

お金は、無いよりはあった方がいい。
だが無限にお金があったとするならば、その時幸せでいるんだろうか?

例えば、普段はスーパーの安い肉を食べてるから国産ブランド牛に憧れを持つ。
結果、高級な肉を食べられた時の幸せを味わうことができる。

日々仕事や家事・育児に追われて生活に疲れるから、時々羽根伸ばしに旅行に行く。
結果、解放感による幸せを感じることができる。

そう、普段できないことを時々するからその「贅沢」「解放」などに人は『幸せ』を感じることができるのである。

人は些細なことに幸せや喜びを感じる。
しかし、その「些細なこと」が、お金を持つことにより「当たり前のこと」「普通なこと」になったら、
幸せに感じることが激減し日々つまらないことだらけになってしまうのではないだろうか?

お金は人が最高に贅沢な喜びを味わうことを可能にするが、それゆえに、日常のありふれた喜びを味わう能力を低下させると考えている。
そして、われわれが遭遇する喜びのほとんどはありふれたものであるため、
贅沢をする能力を得ることは、喜びを味わう能力にとっては、かえって逆効果になるのだという。

« 「追っかけ」の人々 | トップページ | 心が豊かになるには。 »