« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年4月

2012年4月 5日 (木)

旦那の承諾が必要なら融資は必要ないんです。

消費者金融は総量規制の影響で厳しい時代になりました。

借り入れ額も年収の三分の一までしか借りれなくなりました。

その中でも特に主婦の人は厳しいのでは無いでしょうか。

旦那さんの許可が無いと借り入れができないという状況です。

以前は旦那の会社がわかればそれで大丈夫でしたが、今はそうはいきません。

主婦だってお金が必要な時はあります。

でも旦那にばれず消費者金融からお金を借りれる所はあります。

大手は一度諦めて、独立系の消費者金融で相談するが良いと思います。

スタッフも女性のみと、お申し込みし易いのが良いですね。

今借りている金融業者と比較してみるのも良いかもしれません。

安心して賢くキャッシング業者と付き合いましょう。

2012年4月 4日 (水)

心が豊かになるには。

[お金]ってなんだろう?生きていく上で絶対必要不可欠な物。着飾る為?娯楽を楽しむ為?見栄を張る為?
人によって使い道が違うとはいえあって困る物じゃない。大半の割合で貧乏より金持ちの方がいいって思ってる人が
多いと思う。お金を持つ事によって心が穏やかになる、心に余裕が持てる。逆にお金がないと心が荒む。。

お金を持つ事によって安心を買ってるのかも知れませんね。

あくまで私の意見なんでみなさんと考え方が違うかもしれませんが・・・

2012年4月 2日 (月)

お金があれば必ず幸せになれるか?

Photo

お金は、無いよりはあった方がいい。
だが無限にお金があったとするならば、その時幸せでいるんだろうか?

例えば、普段はスーパーの安い肉を食べてるから国産ブランド牛に憧れを持つ。
結果、高級な肉を食べられた時の幸せを味わうことができる。

日々仕事や家事・育児に追われて生活に疲れるから、時々羽根伸ばしに旅行に行く。
結果、解放感による幸せを感じることができる。

そう、普段できないことを時々するからその「贅沢」「解放」などに人は『幸せ』を感じることができるのである。

人は些細なことに幸せや喜びを感じる。
しかし、その「些細なこと」が、お金を持つことにより「当たり前のこと」「普通なこと」になったら、
幸せに感じることが激減し日々つまらないことだらけになってしまうのではないだろうか?

お金は人が最高に贅沢な喜びを味わうことを可能にするが、それゆえに、日常のありふれた喜びを味わう能力を低下させると考えている。
そして、われわれが遭遇する喜びのほとんどはありふれたものであるため、
贅沢をする能力を得ることは、喜びを味わう能力にとっては、かえって逆効果になるのだという。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »